バイト先の年下の先輩や、年上の後輩にはどう接するのが正解?

学校とは違い、アルバイト先では年下だけれど先輩だったり、年上だけれど仕事を教えなければならなかったりという場面に遭遇することがあります。敬語を使うべきなのかどうか、そして相手に対してどのような態度で接するべきなのかを迷ったとき、どう振る舞うのが良いのでしょうか?

年下の先輩、年上の後輩、どちらにも敬語が基本

アルバイトとはいえ、仕事の場です。年下の先輩であっても、初めからタメ口で話しては「馴れ馴れしい」と思われ、敬遠されてしまいます。たとえ新人の方が年齢的には上であってもタメ口で話しかけられれば、「仕事については自分の方が分かっているのに、対等かそれ以下に見られている」という感覚を抱きかねません。
では、反対に後輩に対しては年上でもタメ口で話していいかと言えば、そうではありません。仕事をするいち社会人の礼儀として、年上の人には敬意を払い、適切な距離で接することが大切です。相手にとっても、先輩とはいえ年下にタメ口で話しかけられればあまりいい気はしません。今後、同じ職場で働く仲間として、初めの関係性は慎重に築きたいものです。
どちらのケースも仲良くなって距離が縮まれば、最初は畏まっていた言葉遣いも変わってくるでしょう。ただ、どんなに「この人と仲良くなりたい」と思っても、初めからいきなりタメ口で話しかけてしまっては逆効果です。

年下に仕事を教わるときも、謙虚な態度で

年下に仕事を教わるとき、どうしても「自分より人生経験が少ない人に教わる」という思いがよぎり、素直に教わることに躊躇してしまうかもしれません。たしかに人生経験は少ないかもしれませんが、その仕事のことは確実にあなたよりも知っている。その一点においてあなたよりも多く経験を積み、慣れるまでに試行錯誤してきています。そこに敬意を持って、できるだけ素直な気持ちで教わるようにしましょう。また、相手も年上に仕事を教えるということにやりにくさを感じているはず。相手にとって少しでも教えやすい態度を取るのも、人生の先輩としての役目です。

年上の後輩に仕事を教えるときは、相手に合わせる感覚で

年上の人に仕事を教える場合は、態度が大きくなりすぎないよう注意するとともに、相手のペースに合わせる感覚を持つことが重要です。というのも、もし教わっている中に理解できないことがあって相手が質問をしたいと思っていても、教えるこちら側が年下だと質問しにくいことが考えられるためです。こちらから「今の説明で理解できたか」をときどき確認することで相手も質問しやすくなり、同時に「気を使ってもらえている、先輩ということを鼻にかけない可愛げのある人だ」という印象を持たせやすくなります。仕事以外の場で、人生の先輩として相談に乗ってもらえることもあるかもしれませんよ。