アルバイトの面接で必ずといって聞かれること

志望動機

アルバイトをする際、面接というものをパスしないことには仕事にありつけることができません。
この面接が苦手という人も多いのですが、そもそも面接というのは自分をアピールする場でもあります。
これがわかっているにも関わらず、当日の面接で何もできないまま落とされるということもよくある話なのです。
そこで、この面接で聞かれることを事前に想定しておけば当日はあわてることなくスムーズに面接がこなせるのではないでしょうか。
まず、面接で必ずといって聞かれることに「志望動機」というものがあります。
正直に答えていいのですが、わざわざ言わなくても良いことまでは言う必要はありません。
たとえば、「時給が良かった」、「家から近い」、といった答えは面接官からすれば何のやる気も感じられないのです。
やはり、ここで肝心なのが仕事に対する熱意になってくるのです。
雇う側も、その人はきちんと誠意を持って仕事に励んでくれるのかというものを一番のポイントとしています。
その仕事内容に興味があるということを伝えるのは当然のことで、仕事内容に関してもポジティブに受け答えするのが一番良い受け答え方だと思われます。

自己紹介

「自己紹介」も当然のように面接では行わなければなりません。
きっちり細かい自己紹介までする必要はありませんが、かといってダラダラと話すのも決してよくはないのです。
面接官というのは、その人の人柄や適正といった部分を大いに見ています。
ですので、話し方や話を聞く姿勢、そして今までやってきた職歴といった部分を大きな判断材料としているのです。
ということは、会話の全てに適正を感じさせるものが常に入っていれば何も言うことはありません。
たとえば、今までやってきた職歴を淡々と述べるのではなく、一つの職歴に対して感想や得たスキルなども合わせて答えれば面接官の高感度も一気に上がることでしょう。

希望のシフト

最後に、実際に働くとなったときの勤務開始日やシフトの希望などを聞かれることになります。
やはり、ここでもしっかりと明確な日程を伝える必要があるのです。
「特に決めてません」ではやる気も感じられませんし、雇う側もどう対応していいかわかりません。
ここも具体的な希望開始日、そして週に何日入りたいかのシフト希望だけはしっかりと伝えなければならないのです。