ネットでバイト探ししても見つからない時、そうだハロワに行こう

今や求人誌よりもネットの情報サイトから応募状況を探すというケースが多くなっており、全体のほぼ半数以上はネットサイトからの応募となっております。情報誌では、情報が網羅できない。ネットの方が便利、即時性がある、いわゆるすぐ見つけることができるし、家でもどこでもできる、などの理由からネットにユーザーが流れていることがわかります。ネット媒体だと、いいことづくめ、そんな気がしますね。しかしながら、ネットだと同じような情報しか載っていなかったり、見つける情報も自分から探したりする、キーワードを選択するわけですから、その分興味のある分野しか引っかからないので、特定の分野を探すことになります。当然、職探しは分野を絞るものですが、それだとどうしても偏りがありますし、それを検索しているとぐるぐる自分だけの世界に入り込んで、本来の目的をなくす、探していることが長くなってしまいます。では、ネット以外の職種の探し方はあるのでしょうか。

ネット以外の求人の探し方

ネット以外だと、求人誌が挙げられます。メリットとしては、地域に根付いた職種がある、紙面に載せるくらいだから、募集してる需要が高いので採用される確率が上がる、デメリットとしては、探す時間がかかる、広範囲を見るには見落としたり、膨大な時間がかかるということがあります。他には登録会社で紹介してもらうということがあります。これは登録するということで、その分、足を使うことになりますが、仕事を探している感じがしますし、会社の人が紹介してもらえるので、自分にあった職種を斡旋してくれるということがあります。デメリットとしては、探した気になっているだけになりがち。仕事が限られているので、職種を探しづらいなどがあります。次はハローワークがあります。昔から存在するもので、公的な機関なので安心できます。行ったら、探している気分になりますし、他の求人者の人たちを見てやる気になったり、頭もすっきりします。情報も全国から検索できますし、紹介者を通すので安心と言えます。このようにいいことづくめではありますが、中にはブラック企業もあるので注意は必要です。みなさんはネットがなかったらどうやってバイト探ししますか、漫画喫茶に行ってネットサーフィーンするという裏技もありますが、ハローワークなど外の空気に触れながら探すのもオススメです。